東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

大衆食堂ランチ 赤羽・暖母(ダンボ)(ハヤシライス)

写真

◆やや辛口 独特の美味

 赤羽駅周辺は、いまや「朝から飲める街」のイメージだが、ほんの少し歩いてみよう。シャンデリアやアンティークな椅子などが年季の入った昭和レトロならではの落ち着きを醸しているここは、喫茶店と思い込んでいたが、地元の方からすすめられて入ってみたら、食事のメニューが豊富で充実している、とてもよい食堂でもあるのだ。

 オムレツとウインナーとミニバーグが付いたダンボランチ590円が気になるし、「当店オリジナル中華味」をうたう中華ピラフ590円も気になる、いや、この店の雰囲気なら「当店人気No.1」のナポリタン650円にすべきかもしれないと迷っていると、ハヤシライス590円が目にとまった。ハヤシを最後に食べたのは、いつだろう、まちがいなく30年以上も前のことだ。すまん、大衆食堂の定番だったハヤシだが、すっかりご無沙汰していた。

 その盛りのよいこと、ガッチリ食べられる。深めの器からあふれんばかりにかかっているハヤシの、やや辛口の甘酸っぱい独特のうまさ。タップリのライスを食べ切って満足。

 (大衆食堂の詩人、遠藤哲夫)

◇東京都北区赤羽1の30の1 高栄ビル1階。営業時間 月〜土曜11時〜24時半、日曜11時〜23時半、年末年始休。ハヤシライスはみそ汁付き。カレーライス590円、オムライス750円、しょうが焼き定食750円などのほか、パスタやピザなどメニュー豊富。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by