東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

街の食べ歩き 神楽坂のランチ 離島キッチン(島めぐりランチ御膳)

写真

◆現地そのままの味を

 神楽坂の住宅街にありながら、なぜか海辺の風が吹き抜ける。潮焼けしたようなさびた壁の先に海が見えるよう。内装は船小屋をイメージしたとか。「離島キッチン」は島根県海士(あま)町の観光協会運営によるレストラン。といってもご当地だけでなく、全国各地の島と連携して幅広く「離島」の食を提供している。

 人気は「島めぐりランチ御膳」(2160円)。内容は毎日替わるが、写真は「本日の島のお造り」「八丈島のムロアジメンチカツ」「利尻島のたちかま(スケトウダラの白子の練り物)」「隠岐島の寒シマメ肝醤油(しょうゆ)漬け」「淡路島のタコの唐揚げ」「淡路島の天然わかめのサラダ」「海士の塩のお漬物」「徳之島のみそ豆」「利尻島の昆布のお吸い物」「隠岐島のコシヒカリ」。

 各島漁協などの協力で新鮮な食材が届くが、特に隠岐諸島の海士町からの食材は、自治体での導入としては先駆けとなった「セルアライブシステム(水分子をコントロールして細胞組織を生かす技術)冷凍」によって、現地そのままの味を届けている。

 島に魅了されて移住したくなったら、島民と相談がてら酌み交わすイベントもあるので参加してみては。(さりあ)

◇新宿区神楽坂6の23。ランチは11時半〜14時。月曜休(月曜が祝日の場合は火曜休)。(電)03・6265・0368

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by