東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

街の食べ歩き 東銀座のランチ 銀座イマカツ(ササミかつ)

写真

◆揚げ方でやわらかに

 揚げ物はちょっと…と敬遠する人にも、歌舞伎座の横にある「イマカツ」なら勧められる。名物は「ササミかつ」。油で胃もたれすることなく、美容を気遣う女性にも、脂分を控えたい中高年にも好評。脂身のない鶏ささ身肉で、どうしてこんなにジューシーでやわらかい仕上がりになるのか感心する。そのコツは揚げ方なのだとか。低温と高温の油を、肉によって使い分けているという。

 鶏肉は岩手県の特定農家から仕入れるブランド鶏「奥の都どり」。塩で食べるのがオススメだそうで、山口県下関市の「最進の塩」を置いている。もちろんソースもあり、キャベツにかけるゴマドレッシングともども独自レシピで用意。ご飯は栃木産コシヒカリ。みそ汁に使う合わせみそは店内で調合している。端々までこだわりを感じつつも、肩肘張らない雰囲気で、1人客、それも他のとんかつ店と比べたら断然女性客が多い。

 「名物ササミかつ膳」は、通常ならササミかつ3本入りで1550円のところ、ランチでは2本と野菜カツ付きで1100円。ランチ限定で、メンチかつや帆立フライなどとの組み合わせもあり、何度でも通いたくなる。(さりあ)

◇中央区銀座4の13の18、医療ビル1階。地下鉄東銀座駅徒歩1分。ランチは11時半〜16時(ラストオーダー15時半)。日曜休。(電)03・3543・1029

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報