東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 葛西・御食事処関甚(生サンマのさっぱり煮定食)

写真

◆口中でハラリと崩れる

 東京の東、千葉県境の町のうち、すでに金町と小岩の食堂は訪ねた。今回は東西線の葛西だ。やはり「国境の町」にはいい食堂がある、と言いたくなった。

 白地に墨色の文字で「大衆食堂」、大きな暖簾(のれん)にグッときた。潔い、力強い。暖簾の下には手書きのサインボードが二つ。一つには「キンピラゴボー200円」など家庭料理風おかずがたくさん並び、もう一つは「本日の日替り定食」とあって、A定は生サンマのさっぱり煮とポテトサラダ、またはおひたしにライスと味噌(みそ)汁で790円、B定は鶏もも肉照煮(サラダ付)と炒めレンコン煮、またはサツマ揚煮付けにライスと味噌汁で850円。

 「生サンマのさっぱり煮」がどんなものか気になって、これを頼んだ。それにおひたし。丸切りのまま骨までやわらかく煮てあって、口の中でハラリと崩れる。うまい。なるほど、辛口でさっぱりしている。しっかりした味付けで、なぜか故郷の昆布巻きニシンの煮物を思い出した。しかし、サンマだ、生サンマでないとできないそうだ。いいものを食べた。 (大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

◇江戸川区中葛西3の25の9。営業時間9〜14時、17時〜20時半。土曜日は14時まで。日曜祝日休。オムライス650円、チキンライス550円、ドライカレー500円ほか。奴豆腐180円、野菜炒め300円、ハムエッグ350円、焼き魚各種などおかず豊富。ざっこくごはん270円、本日のみそ汁70円、ライス220円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報