東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 君塚食堂(チキンライス)

写真

◆普段着の浅草になごむ

 「国際観光都市」といわれる浅草だが、様々な顔を持っている。浅草寺西側の奥山おまいりまちあたりは、「大衆芸能の町」ともいえる庶民の娯楽の殿堂だった。いまでも浪曲定席の木馬亭と大衆演劇の木馬館が並んで幟(のぼり)旗がはためく独特の風情に名残をとどめて、近年また浪曲や大衆演劇は脚光をあび若い人たちのあいだでも人気だそうだ。

 君塚食堂は、木馬亭の前にある。店の前の大きなおでん鍋が食欲をそそる。観光客が足をとめては、ちょこっとおでんをつまんで行く姿もある。

 近ごろは出無精になって、めったに浅草へ行かないが、以前は木馬亭で浪曲を楽しんだあと、ここでおでんやチキンライスなどを食べながらビールを飲んで、くつろいだものだ。それを思い出し、チキンライスを頼む。着飾らない女性客でにぎやかな店内、近所の会社員らしいスーツの男性が、おでんとおにぎりを頼んだ。オッ、その手があったか、こんどやってみたいな。仲見世の喧騒(けんそう)とはちがう、浅草の普段着の姿に心もなごむ。

 (大衆食堂の詩人、遠藤哲夫)

 ◇東京都台東区浅草2の3の26。営業時間9〜18時。不定休。チキンライス700円、おにぎり150円、おでん7品盛り700円(お好みも可)。ラーメン、うどん、そばなど麺類500円から。カレーライス700円、玉子丼700円などご飯類、焼き魚定食各種800円など。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報