東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

街の食べ歩き 三田のランチ 滴屋(鮪なめろう丼)

写真

◆マグロ使って女性に人気

 築70年以上の木造民家を、その居心地の良さを生かして料亭のようにしつらえた店。

「滴屋」は、夜なら接待利用客がほとんどの「おまかせ料理店」。学生向けの店が多い三田で、大人が落ち着いて食事できる店として人気だ。しかも店構えの割にお手頃。ランチは全品1000円。

 「松花堂弁当」「穴子丼」「鴨(かも)すき柳川」などバラエティーに富んだ13種がメニューに並ぶ中、写真の「鮪(まぐろ)なめろう丼」は女性に人気の一品。「なめろう」といえばアジが定番だが、こちらはマグロ。脂っぽくならないよう、キハダとバチマグロをブレンドした粗めのネギトロを使い、信州みそとショウガ、長ネギを合わせた。舌触りなめらかで食が進む。添えられた「かしわの天麩羅(てんぷら)」は、大山鶏使用の、夜も人気のメニューだ。

 店の代表が営業職経験者で接待客の気持ちがよくわかることから「大切な人を連れてきたくなる店に」と心掛け、ランチでも手を抜かない。ご飯は土鍋炊きにこだわる。米は秋田の大潟村産あきたこまち。炊きたてを出せるよう、5合炊きの土鍋を5個並べて次々と炊く。見えない部分の気づかいで、ランチでも接待気分が味わえる。 (さりあ)

◇港区芝5の12の12。地下鉄三田駅徒歩7分。ランチは11時半〜14時(ラストオーダー13時半)。土日祝休。(電)03・5418・4038

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報