東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ バリ食堂(ナシアヤム)

写真

◆現地の味のチキンライス

 ゆで鶏が主役の「チキンライス」はアジア各国で人気のメニュー。インドネシア・バリ島のチキンライス「ナシアヤム」を看板メニューにしているのが「バリ食堂」。独自のアレンジを加えて現地の味に近づけた。もうひとつの人気メニュー「サンバルウダン」(エビのココナツミルク煮)を作る際にできる、エビのうまみたっぷりのゆで汁にスパイスを加えて鶏モモ肉をゆで、車内に設置した鉄板で香ばしく焼いて提供している。

 「ガランガー(ショウガ)やバイマックル(コブミカンの葉)などスパイスも本場の生スパイスを使ってます」

 金子龍臣さん(41)は元ミュージシャン。タコス専門店やアジア料理店を経て、2013年に独立、開業した。

 インドネシア料理は、勤め先の店で知り、おいしさにほれた。イベントで知り合ったバリ島出身者と交流を深め、調味料も現地のものにこだわるなどより本格的に。ただしサンバルソース(辛み調味料)はそのまま使わず、タマネギやトマトなどを細かく刻んだものにあえて、日本人の口に合うよう工夫した。ジャスミンライス大盛りとパクチー増量は無料。バリの香りもたっぷり味わえる。 (さりあ)

 出没先は神田淡路町「ワテラス」、南青山、麹町、九段南など。場所とメニューはツイッターで発信。(電)090・9158・3864

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報