東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ オリーブ亭(オムライス)

写真

◆レストランの味

 ふっくらとした楕円(だえん)形のオムレツにスプーンを入れると半熟の卵がとろりとこぼれ出す。オムライスはキッチンカーでは定番の一つだが、多くは、半熟の中身が見えるように開いた状態で提供される。「うちのような形のオムライスは案外なかったんですよ」と店主の小澤浩さん(56)。

 「オリーブ亭」はオムライス専門店。ケチャップだけのシンプルなものから、ちょっとエッジの効いたサルサソースまで、ソースは常時6種を用意。まるでレストランで食べているような本格的な味でファンを増やしている。

 それもそのはず。以前は千葉県内で洋食レストランを経営。飲酒運転の厳罰化や不景気から宴会が減ったころ、屋台村を見て引かれた。「客を待つのでなく、忙しい場所へ自分たちが行けるのがいい」と。キッチンカーを始めて今年で8年目になる。

 写真は「ビーフデミグラスソース」と「シュリンプホワイト」のハーフ&ハーフ(700円)。見た目も味も絶妙なコントラスト。甘味と塩味がほどよく一気に食べきれる。

 オニオンスープとスティックチーズケーキも販売。スープ、メイン、デザートと、キッチンカーでコース料理気分も味わえる。 (さりあ)

◆出没先は

 お台場、麹町、有楽町、拓殖大学文京キャンパス、東京大学本郷キャンパスなど。(電)080・5873・3961

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報