東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ ニュージーランド社(炭火焼 焼肉弁当)

写真

◆七輪であぶる逸品

 モクモクと立ち上る煙は、おいしさの証し。肉料理がメインのキッチンカーは多いが七輪(しちりん)を使うのは珍しい。「ニュージーランド社」は「炭火焼 焼肉(やきにく)弁当」で一本勝負。「ふつう」(750円)から「ごはん大盛り・お肉2倍」(1150円)まで対応。味はタレと塩(クレイジーソルト)から選べる。

 七輪は能登のケイソウ土をくりぬいた、遠赤外線効果の増幅が期待できる逸品。熱と煙に耐える焼き手には苦行だが、炭火であぶられた肉のうまみは、ひと味違う。肉は米国産牛の肩ロースだそうだ。

 …ん? ニュージーランド産じゃない?…社名の由来を聞いたら、オーナーの小瀬村まことさんが、ニュージーランドでの出店を目指しているからだとか。小瀬村さんは12年前から営業。かつて3社経営していた事業に失敗し、そのうちの1社は炭火焼き肉店だったことから、移動販売で出直した。以来、横浜港の大黒ふ頭で、トラックドライバー相手に営業。人気を得て、3年前に、クレープの移動販売をしていた福島博さんに声をかけ、都内での出店を任せている。イベントでの出店時は、クレープも販売するそうだ。 (さりあ)

◆出没先は 

 中野セントラルパーク、お台場、神宮前など。(電)045・260・3470

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報