東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 石の家(やきそば)

写真

◆フェチな感触 不思議うまい

 昔から餃子(ギョーザ)が有名だった。初めて入ったのは1962年の春に上京した秋だったと記憶している。それから行くたびに「やきそば」は必ず食べている。同じ店の同じものを、こんなに長く食べ続けているのは、ほかにない。自分でも、おどろいた。

 なぜ?わからない。うまいの?うまい。どううまいの?説明できない。メニューの「やきそば」500円には、「太麺、しょうゆ味」とある。この太麺をジュルジュルすすりながら食べると、旨(うま)みがからんだヌルヌルの麺が口唇から舌そして喉へとすべっていくうちに広がるフェチな感触が、忘れられないのだろうか。不思議うまい。ボリュームもある。

 最初のころ石の家は普通の2階建て木造家屋で、あたりは同じような薄汚れた建物やバラック風が密集し夜は薄暗く、歌舞伎町より怖かった。

 やがてビルになり石の家は半地下に、最近店内はリニューアルし今風の「白っぽい」装いになった。でも、野菜と肉がタップリのやきそばの、あやしいフェチなうまさは変わらない。土日は競馬ファンで混みあう。 (大衆食堂の詩人、遠藤哲夫)

◇東京都新宿区新宿3の35の4 ユーコービル中地下。営業時間11時半〜23時LO(月〜土)、11時半〜22時LO(日祝)。日替りランチ750円、定番定食はムースーロ900円、肉野菜炒め850円、レバニラ炒め850円。麺類各種、餃子400円ほか一品料理豊富。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報