東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

時には豪華に ホテルランチ 大志満(お花見べんとう)

写真

◆桜テーマ 目も心も満足

 あす31日から「さくらフェスタ2018」が始まる横浜・みなとみらい地区で人気のホテル「横浜ベイホテル東急」。近未来的なビル群や、リゾート風のホテル内を通り、のれんをくぐれば、そこは和のしつらえ。日本料理「大志満」では期間限定「お花見べんとう」目当ての客でにぎわう。季節ごとに特製の弁当が登場するが、年間を通じてこれが一番人気。桜をテーマにしたメニューと春らしい食材を盛り込み、目にも鮮やか、心も華やぐ。好評で今年は5月末まで期間延長した。

 桜豆腐や桜麩(ふ)、桜えびの炊き込みご飯、桜あんや桜アイスなど、器の上に桜が咲き乱れる。竹の子や菜の花、ふきのとうなど旬の食材が煮物や揚げ物に加わり、花見団子もかわいらしさを添える。

 山中温泉(石川県)の老舗旅館が前身の「大志満」は、京懐石に影響を受けた加賀料理の店。作家で僧侶だった故今東光さんも常連で、看板の店名は今さんが揮毫(きごう)した。現在、都内を含め6店舗ある中で「お花見べんとう」は横浜限定のメニューだが、店名物の「治部煮」も食べられる。

 4月7日には、ホテルの目の前のさくら通りが歩行者天国になるので、食後にお花見散歩も楽しんで。 (さりあ)

◇横浜市西区みなとみらい2の3の7横浜ベイホテル東急1階。ランチは11時半〜14時半(ラストオーダー)。無休。(電)045・682・2255レストラン予約

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報