東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

街の食べ歩き めんくいランチ 香川一福(カレーうどん)

写真

◆フレンチの名店とコラボ

 全国的な讃岐うどんブームが巻き起こったのはもう20年ほど前。東京にそのままの味を届けてくれる店も増えた。「香川一福(いっぷく)」は讃岐うどんの名店「中村うどん」で修業した店主による「うどん一福」のさらにのれん分け店。コシとノビがある細麺の特徴は師匠筋の流れをくみつつ、うるめいわしとさば節から取っただしは本場の2倍濃くし、東京に合わせた味を生み出す。

 そして本場とは違う、ここのオリジナルが「カレーうどん」。グレードの高い和牛や多種類の野菜からとったフォンドボーを使い、スパイスも利かせたフレンチカレーを、打ち立てのうどんにトロリとかけ、カルピスバターをのせた。フレンチの名店「北島亭」とコラボした逸品だ。そのままなら「釜玉」ならぬ「釜カレー」とも言える汁無し麺。バターで滑らかさがプラスされたうどんのもっちり食感も心地よく、箸が止まらなくなるが、別添えのだし汁を忘れてはいけない。うま味の濃いだし汁をかければ一気に和風。味の変化を楽しめるのが、このカレーうどんの醍醐味(だいごみ)だ。

 小680円、中750円、大820円。「中」を選んだが、すぐに後悔。「大」にすれば良かった…。 (さりあ)

◇千代田区内神田1の18の11。営業時間11〜17時。日曜および第1月曜休。(電)03・5577・3644

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報