東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ きさらぎ亭(天丼)

写真

◆何もかもフレッシュ

 「サザエさんの街」をイメージする人も多いだろう桜新町で40年、地元の人びとに愛されてきた評判の高い食堂だ。何人もの方に薦められ紹介しようと思っていた昨年10月閉店。残念に思っていたが、今年の2月、近くに移転し開店した。前も建物は古いながら料理などに工夫と温かさを感じさせるセンスのよさがそこはかとなくあった、それが全面展開という感じだ。

 白を基調に黒のコントラストが効いた直線的でシンプルなデザイン、窓を大きくとった明るい店内。オープンカウンターの厨房(ちゅうぼう)では、新鮮で見るからにうまそうな育ちのキャベツをカットしていた。

 突然気温が下がり体調不良だったが、なんだか気分がよくなり天丼790円を頼んだ。たっぷりのごはんの丼にエビが2本、それにピーマンとナスが季節を感じさせる。不調の身体でも、うまく食べられた。料理も何もかもフレッシュな感覚にあふれ、これからの街角の食堂の可能性を強く感じた。 (大衆食堂の詩人、遠藤哲夫)

◇東京都世田谷区桜新町1の40の10。営業時間11〜16時、17〜22時。日曜・祝日休。エビクリームフライとハンバーグとカニコロッケ2個のトリオ定食880円がうまそうだった。煮込み定食750円、鯖(さば)の味噌(みそ)煮定食740円など定食、丼物、単品豊富。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報