東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

テラスdeランチ GREEN ASIA(ナシゴレンプレート)

写真

◆4種類のおかず付き

 六本木ヒルズの一角に東南アジアがある。裸電球がつり下がるテラスは屋台街をイメージ。緑生い茂る毛利庭園の樹木の先には東京タワーも見え、都会と融合している。

 「GREEN ASIA」は東南アジア全般の料理を扱う店。3年前まではインドネシア料理専門店だった。当時からずっとメニューを飾る一番人気のランチが「ナシゴレンプレート」。インドネシアのチャーハンといえる「ナシゴレン」に日替わりおかず4種をセット。スープも付いて1130円。ランチは12種あるが、おかず4種が付くのはこれだけで、お得感もある。

 おかずは「サテ」(ピーナツソースがけ焼き鳥)と「ガドガドサラダ」(ピーナツソースがけ温野菜サラダ)は定番。取材日のあと2種は「テンペ」(大豆の発酵食品)のあえ物と揚げ春巻きだった。ナシゴレンは甘い醤油(しょうゆ)のような「ケチャップマニス」と、辛い「サンバルソース」がきいて奥深い甘辛味。インドネシア人シェフが腕をふるう。

 店内の壁には、人気イラストレーターのオオクボリュウさんによる、ポップなアートワークが施され、これを見に来るファンも多いとか。不思議なごった煮感が違和感なく溶け込んでいる。 (さりあ)

◇港区六本木6の10の1、六本木ヒルズ ヒルサイド地下1階。ランチは11〜15時(ラストオーダー)。無休。(電)03・5786・7795

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報