東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

街の食べ歩き めんくいランチ biodinamico(パスタランチ)

写真

◆製麺所とタッグ 新たな食感

 例えばラーメンなら、麺を手掛ける製麺所の名までラーメン通の話題になるが、パスタでは聞こえてこない。国内では、乾麺か自家製麺を使う店がほとんどだから。食感は乾麺なら芯が残る“アルデンテ”、自家製生パスタならモチモチ。でも本場イタリアにはその中間があることを知ってほしいと、製麺所と組んで生まれたパスタが「biodinamico(ビオディナミコ)」で食べられる。

 全国各地の人気ラーメン店の麺を手掛け、ブームをけん引した老舗製麺店・浅草開化楼と共同開発した「低加水パスタフレスカ」がそれ。一般的なパスタマシンでは壊れるほど低加水の生地に高圧をかけてこねる。製麺所の大型製麺機と技術&経験があればこそ可能なパスタといえる。

 ランチでは、3種のソースから1つ選べる。自家製パン(特製パテ付き)の食べ放題もセットで1200円。パスタは大盛り(200グラムまで)無料。写真は「メカジキのラグー 爽快レモン風味」。うま味たっぷりの味わいは何かと聞けば、魚のアラからとった濃いめのだしだとか。パン粉に絡めたレモンも利いて、夏らしく爽快な一品。7月末までの提供予定だ。(さりあ)

◇渋谷区神南1の19の14 クリスタルポイントビル3階。ランチは11時半〜14時半(ラストオーダー13時半)。日曜、第1・3月曜休。(電)03・3462・6277

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報