東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 三忠食堂(マグロお刺身定食)

写真

◆食べごたえタップリ

 間口は狭いようだが店内は奥に長く広い。JR十条駅改札から1分もかからないだろう。だけど、息をするのもやっとな気分の暑い日だった。食欲がない。テーブルに座り、壁にズラリ並んだ大きな短冊メニューの、「スカイブルー」というのかな、太いが爽やかで優しい感じの青い文字を見ているうちに、食欲が少し元気を取り戻した。

 メニューの最高額は天ぷら盛合せ定食900円だ。うーん、暑さにやられた身体は、そこまでついていけそうにない。その隣がマグロお刺身定食870円で2番目の高額だ。冷たいサッパリ感がイメージに浮かぶ。よしっ、これにフンパツしようと身体が求めた。マグロの切り身が大きく立派、食べごたえタップリ。白菜の漬物の相性がよかった。

 あとから入ってきたサラリーマンが、あじフライ定食680円を頼んでいた。そういえばインターネットでは、あじフライをほめる人が多かったと思い出した。とにかく、看板どおりの、「安くて旨(うま)い皆様の」、十条らしい食堂なのだ。

 (大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

 ◇東京都北区上十条2の28の4。営業時間11〜15時、17〜22時、土日祝11〜22時。第2・第4火曜休。納豆玉子付定食500円から豊富な定食メニューほかカレーライス550円。おかずも豊富で、ぜんまい煮付200円があるのがうれしい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報