東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 親子でぶらり 学べるスポット > 記事

ここから本文

【親子でぶらり 学べるスポット】

京王れーるランド(東京都日野市) 「改札」抜けると車掌気分

京王電鉄の保存車両展示やミニ電車も楽しめる=東京都日野市で

写真

 鉄道関係の展示施設は多いが、特に子どもに喜ばれるのが京王れーるランド。2013年、京王電鉄創業100年を記念して、現在の形でオープンした。

 京王線の多摩動物公園駅に隣接し、券売機で磁気式の入館券を買って自動改札を通り入る。本館には5人が同時に遊べるジオラマ、車掌体験ができる電車、今年運行を始めた京王ライナーの先頭部分では帽子をかぶって記念撮影する親子も。

 目玉は150インチ画面を見ながら実際使っていた電車のマスコン(制御器)を操作しての運転体験コーナーだ。しかも子どもや初心者には元運転士が隣で操作方法を指南してくれる。初級は各駅停車、中級は急行電車、そして上級は雨天など条件が厳しい環境5種類の中からコンピューターが「出題」する。

 2階には京王線のプラレールで遊ぶコーナー、子どもが「電車目線」で動き回れるアスれーるチックなどユニークなコーナーに初代の「電車でGO!」のゲーム機もある。館内随所に京王にまつわる鉄道資料も展示されている。

 屋外施設(屋根付き)はいったん出場して再び改札に券を入れて入る。往年の電車5両が保存され、その周囲をミニ電車が随時、走行している。

 同館隣にオープンした京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)は国内最大級のネット遊具をはじめ木を多く使った館内がユニークで、カフェ、コンビニもある。 (高田照二)

◆ひとこと

 新宿から特急で30分余(高幡不動乗り換え)。京王は一番運賃の安い大手私鉄だ。「動物園も含めキッズパークたまどうとして一日中遊べます」と広報部の大貫遥さん。

写真

 ★メモ 東京都日野市程久保3の36の39。京王動物園線、多摩都市モノレール多摩動物公園駅すぐ。開館9時半〜17時半。水曜休館。入館料3歳以上250円。運転体験300円、ジオラマ運転、ミニ電車各100円。(電)042・593・3526

●足を延ばせば…

 ★高幡不動尊・金剛寺 日野市高幡733。京王線・多摩都市モノレール高幡不動駅徒歩2分。仁王門、不動堂などは国の重要文化財。土方歳三の菩提寺(ぼだいじ)で境内に銅像や碑がある。アジサイやヒガンバナの名所としても知られる。奥殿(宝物展示300円)、大日堂(200円)の拝観は9〜16時、月曜休館。(電)042・591・0032

 ★京王百草園(もぐさえん) 日野市百草560。京王線百草園駅徒歩10分。起源は江戸時代・享保年間といわれ、以降順次整備されてきた日本庭園。心字池を中心に四季折々の花が見られ、写真愛好家にも人気。「江戸名所図会」にも紹介されている。牧水、芭蕉らの歌句碑もある。開園9〜17時。入園料大人300円、子ども100円。原則水曜定休。(電)042・591・3478

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報