東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 限定 要チェック! > 記事

ここから本文

【限定 要チェック!】

太陽と風感じて仕事 品川アウトドアオフィス

右手前は「ラウンジシェルセット」(〜6人向け)、左奥は「焚火台セット」(〜8人向け)=事務局提供

写真

 芝生にテント…ときたらキャンプでしょ、と思うが、これが真逆といえる「オフィス」である。3万5000平方メートルの広大な緑地空間で太陽と風を感じながら仕事ができる「品川アウトドアオフィス」が14〜18日、複合施設「品川シーズンテラス」で開催される。

 全8セット58人分の座席セットは3種類用意。四方を覆えるテントもあれば、屋根のみのタープ、そして、焚火(たきび)台をテーブル代わりにした屋根無しのセットも。料金は一律で1時間1000円。会議に必要なホワイトボードや電源、Wi−Fiは無料提供する。

 昨年9月に初開催し、2回目。さまざまな「働き方改革」が求められる時勢を見て企画され、600人以上が利用した。航空会社、IT企業、商社、食品会社といった大企業から、ワーキングマザーたちや、個人利用も。接待の二日酔いでどんよりしていたグループも屋外の風に癒やされていた。打ち合わせに利用したコンサルティング会社「ふろしきや」(千代田区)の田村英彦代表は「かしこまらずに話が弾み、気持ち良く仕事ができました」と高く評価する。

 オープンな場所では周囲が気になりそうだが、案外、風や葉ずれの音、鳥や虫の声などが緩衝材になり、個の空間が保てたという。

 実は前回は全て無料だったが、連絡無しの当日キャンセルが相次ぎ、空席があっても利用できない事態になった。そのため今回は有料に。今後も継続運営し、質を向上させるために活用するという。いわば貸オフィスなのでもちろん領収書は発行してくれる。経費精算は各自でどうぞ。(村手久枝)

◇港区港南1の2の70、品川シーズンテラスイベント広場。10〜17時。事前予約制。荒天中止。予約と詳細は公式サイトで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報