東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 限定 要チェック! > 記事

ここから本文

【限定 要チェック!】

体を使って楽しく「防災」 渋谷防災フェス2018(渋谷区)

実際に燃え盛る火を使っての消火体験も(昨年の様子、実行委員会提供)

写真

 地震、洪水、土砂崩れ…自然災害は頻発している。「防災」の文字は目にしていても、いざとなったら、行動に移せる人は少ないだろう。おっくうに感じるなら楽しみながら学んでは。「渋谷区総合防災訓練 SHIBUYA BOSAI FES 2018」が、「防災の日」である9月1日から2日間、代々木公園で開かれる。

 今年で3回目。関係機関による防災訓練との2本柱で、誰にでも親しんでもらえる「フェス」として、多彩な企画を盛り込み、防災を学べるイベント。体を使う体験モノを重視しつつ、今年は、子ども向けの企画も盛り込んだ。

 注目の1つはVR(仮想現実)防災体験車。ゴーグル型端末による360度の立体的な映像で地震や火災、風水害を体感できる(1日のみ。2日ははしご車乗車体験に変更)。「体感型 防災アトラクション」は、災害現場からの脱出謎解きゲーム。制限時間があるので、臨場感たっぷりで災害時の行動を身に付けられる。

 「サッカー防災」はさらに意外な学び方。パスやドリブルなどの動きを交え、声を出したり、伝えたり、素早く的確な判断の重要性を知る。クイズでは正解と思う方向へボールをけるアクションも。

 起震車による地震体験や、消火栓を利用した放水訓練のほか、毎年人気なのは、自衛隊による炊き出しカレー。無料でふるまう。

 企業ブースでは防災食の試食や最新テクノロジーによる消防士体験VR(2日のみ)などもあり。

 ステージでは戦隊ショーもあるので、親子連れには、子どものぐずりも防げそうだ。 (村手久枝)

◇代々木公園:渋谷区代々木神園町および神南。渋谷区総合防災訓練はサッカー場で1日9時半〜11時半。防災フェスはイベント広場とケヤキ並木で、1日は12〜16時、2日は10〜16時。詳細は公式サイトで随時更新。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報