東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

愛犬と泊まれるホテル

 今年の干支(えと)は「戌(いぬ)」。そこで本コーナー今年最初のテーマは、愛犬とともに心地よい時間が過ごせる宿泊施設を紹介。すべて、愛犬と一緒に食事ができ、ペットメニューも用意。至れり尽くせりのサービスが自慢。 (価格は、大人1人を表記)

写真

◆木のぬくもりあふれ 臭いは気にならない

■「レジーナリゾート旧軽井沢」(長野県)

 木のぬくもりがあふれるスタイリッシュな外観。テラスと1階客室は、ウッドチップが敷かれたドッグラン、部屋の玄関外に愛犬専用ダクトがあり、室内は臭いが気にならない。館内全体は、防水性の高い滑りにくい特殊床材、コンセントは高い位置に設置するなど細かい配慮が。

 食事は、レストランで、愛犬と一緒に懐石料理を楽しむことができ、愛犬メニュー「長野県産鶏ササミ」(650円〜)など5種のほか、バーではノンアルコールの「ワンちゃんカクテル」(2種、各500円)も。

 2万4300円〜(大人2人利用)。客室は全26室。軽井沢町軽井沢1323の510。(電)0267・31・5586

写真

◆露天風呂でゆったり 部屋で一緒に楽しむ

■「はんなり伊豆高原」(静岡県)

 趣のある和風造りの建物が7棟。ここは、愛犬とゆったりできる温泉宿だ。部屋にはすべて源泉かけ流しの露天風呂があり、人が入る浴槽の隣には、犬専用の露天風呂、グルーミングテーブルの設備もある。床材は、一見して木材に見えるが、滑りにくい木彫り風塩ビを使用する。

 食事は地場の食材を使った会席料理で、夕朝食共に、部屋で食べられる部屋食。愛犬には、フルコースディナー「スペシャルドッグメニュー」(事前要予約、5142円〜)も。

 すべての客室から、相模湾が望め、晴天時には遠くに伊豆大島が。

 2万6227円〜(大人4人利用)。ペット1頭2160円〜。伊東市八幡野1113の15。(電)0557・54・5860

写真

◆天然芝のドッグラン わんこの遊び場充実

■「小谷流(こやる)の里 ドギーズアイランド」(千葉県)

 総面積約7000平方メートルの広々とした2カ所のドッグランは、手入れの行き届いた総天然芝。深さの異なるドッグプールと3種のじゃぶじゃぶ池で湧き水を使うなど、わんこにやさしい遊び場が随所に。近隣農園から届く新鮮野菜や、房総半島の魚介を使った料理などを提供する飲食店は6カ所。「ザ フォレストテラス」では「愛犬プレート」(1296円〜)も。

 里山に囲まれたヴィラタイプのホテルは、客室全99室のほとんどの部屋にジャグジー付き。4月には3階建ての宿泊施設もオープン予定。

 1万8792円(1室2人利用+愛犬1頭)。八街市小谷流624。(電)043・312・1110

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報