東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

メリーゴーラウンド

 大円盤が回転しながら、木馬などの動物も動くメリーゴーラウンド。色鮮やかな塗装や、装飾の豪華さは見ているだけでもうっとり。回っている2〜3分間は夢見心地だ。遊園地や水族館にある4カ所を紹介。 (価格は利用料のみ。入場券別途)

写真

◆「機械遺産」に認定

■としまえん「カルーセルエルドラド」

 1907年にドイツで誕生。11年にはアメリカへ、その後、69(昭和44)年に同遊園地へと渡り、2年後に息を吹き返した。110年以上の歴史をもつ乗り物。

 乗り場が3段にあり、当時、ヨーロッパの流行だったアールヌーボー様式の彫刻が全体に施されている。木馬24頭や、豚6頭、馬車などはすべて木製の手彫り。2010年には、世界的に貴重な文化遺産として「機械遺産」に認定された。

 300円。練馬区向山3の25の1。(電)03・3990・8800

写真

◆光と音楽が包む

■マクセルアクアパーク品川「ドルフィンパーティー」

 品川プリンスホテル内にある、音や光を使った最先端テクノロジーが楽しめる水族館に設置の屋内型。

 高さ約12メートルの壁にLED演出があり、光と音楽に包まれながら回転する。

 水族館なので、ライドは動物ではなく、イルカ、アザラシ、ラッコ、タツノオトシゴ、サメの5種の海の生き物52匹と、大きなシェル8台。上下に揺れる様は水中を散歩しているよう。

 500円。港区高輪4の10の30。(電)03・5421・1111

写真

◆気分は水面浮遊

■東武動物公園「カルーセルウォーターリリー」

 動物園・遊園地・プールがあるビッグレジャー施設の同園内にある。

 湖上に咲くかれんなスイレンをイメージして、池の上に設置された。馬にまたがり動きだせば、水面を浮遊しているような気分に。

 4人乗りの馬車3台と馬が62頭いて、うち3頭は、3年前のリニューアルを機に企画した一般公募による個性的なデザイン。入り口にはフォトスポットも。

 のりもの券5枚(500円分)。埼玉県宮代町須賀110。(電)0480・93・1200

写真

◆イルミで幻想的

■横浜・八景島シーパラダイス「メリーゴーラウンド」

 20世紀初頭の木馬専門彫刻作家たちの流れを受け継ぐ、アメリカ・サンフランシスコの木馬専門店で制作されたもの。

 夜には4万個のイルミネーションに彩られ、幻想的な世界観が楽しめる。

 木馬をはじめ、床も天井も全部木製で手作り。木馬の表情はいろいろなので、乗る前に、お気に入りを見つけるのも楽しい。

 500円。横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイス。(電)045・788・8888

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報