東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

ビアガーデン(上)

 ビールがおいしい季節だ。都内や、関東近県でオープンしているビアガーデンを紹介。個性的なクラフトビールやオリジナルビールのほか、肉や野菜など、こだわりの料理が盛りだくさん。夏の夜空に乾杯しよう。2週に分けて掲載する。

写真

◆長野のクラフトビール

■おもはらの森「オモハラ ビア フォレスト バイ ヨナヨナ ビア ワークス」

 東京・原宿のシンボルのひとつ「東急プラザ表参道原宿」の6階屋上テラスで、浅間山麓にあるヤッホーブルーイング醸造所(長野県佐久市)の新鮮なクラフトビールが楽しめる。看板商品の「よなよなエール」や、黒ビール「東京ブラック」など4種がある。各700円。

 料理は、「骨付きジューシーチキン」(750円)や、「クラフトソーセージ」(650円)、枝豆やカリカリタコ焼きなどがプレートにのる「祭りセット」(1500円)などが。

 9月17日まで。平日16時〜(8月まで)、土日祝は12時〜。渋谷区神宮前4の30の3。(電)03・5458・7576

写真

◆料理も酒も「茶を食す」

■レストラン 1899 お茶の水「抹茶ビアガーデン」

 「茶を食す」がテーマの和食のレストラン。料理のいたるところにお茶が使われて、ビールもしかり。抹茶ビール、ほうじ茶黒ビール、和紅茶ビール、抹茶黒ビールなど、日本茶と合わせた6種のビールに加え、抹茶ワインが飲み放題(3500円)。

 料理は、信州産地鶏の抹茶レバーペースト、酒粕(さけかす)漬け信州産豚バラのグリルベーコン、自家製スモークチーズが皿にのる「ビアガーデンセット」(1500円)や、緑茶・紅茶・番茶のそれぞれを練り込んだ3種の「1899オリジナルお茶ソーセージ」(各800円)などが。

 9月29日まで。17時〜。千代田区神田駿河台3の4。(電)03・3251・1150

写真

◆グランピングの雰囲気

■新横浜プリンスホテル「ルーフトップ ビアガーデン〜グランピング スタイル」

 7階の屋外スペースで、近年トレンドの「グランピング」の雰囲気を演出。会場に展示するテントは北欧製。中には、LEDライトの「ソネングラス」やハンモックなど、フォトジェニックな装飾が随所に。

 シーフードや肉、野菜など豪華な食材を楽しむ「グランピングバーベキューセット」(6000円)と、飲み放題と5種の料理付き「グランピングセット」(4000円)は、予約制。ほか、おつまみ4品+飲み放題120分の「涼風セット」(3500円)も。

 9月1日まで。平日17時30分〜、土日祝17時〜。横浜市港北区新横浜3の4。(電)045・471・1115

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報