東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 学ぶ・知る > 比べてみま選科 > 記事

ここから本文

【比べてみま選科】

夏休み自由研究イベント

 子どもたちは、いよいよ夏休み。海や山などに出かけたり、花火や祭りなど楽しみがたくさん。だが、勉強・宿題も忘れてはならない。そこで、自由研究に活用できる、企業が無料で開催する夏休み企画を紹介しよう。大人も一緒に楽しめる。

写真

◆エアコン分解し学ぶ

■ダイキン工業「めざせ!空気博士 エアコン分解」

 エアコンが、どのような仕組みで冬は温かく、夏は涼しくしているのかを空気の秘密と題し、実験を交えながら学ぶ。座学の後は、家庭用室内機の分解。ネジを外してエアコン内部のフィルターや熱交換器、ファンなどを取り出し観察する。写真撮影ができリポート作りにも役立つ。約60分。

 対象:小学3〜6年生の子どもとその保護者。申し込みは「https://www.daikin.co.jp/inquiry/fuha/event/ev1807-kuukihakase/」で。8月25・26日予約可。

 ダイキン ソリューションプラザ「フーハ東京」。新宿区西新宿2の4の1 新宿NSビル1階

写真

◆体験通しくすり知る

■第一三共「Daiichi Sankyo くすりミュージアム」

 くすりの働きや歴史などを、子どもから大人まで楽しく学べる体験型施設。入館時に渡される、ICチップ内蔵のメダルを持って館内の22のコーナーをゲームやクイズなどをしながら、くすりの謎を解き明かす。くすりが体内を巡る様子がわかる人体模型=写真=は必見だ。

 自由研究に最適なイベント「勇者のセルフケアチェック くすりミュージアムの冒険」は9月2日まで。インフルエンザなど各症状をモチーフにしたモンスターが登場し、カードを集めながら病気の予防や対処など、ワークシートを使って学ぶ。

 中央区日本橋本町3の5の1。月曜休館。(電)03・6225・1133

写真

◆ビールの製造を見学

■キリン「キリン一番搾り おいしさの秘密発見ツアー」

 取手工場で、同社ビール「キリン一番搾り」の製造工程を見学。原料となる麦芽の試食やホップの香りを体験するほか、麦汁をろ過する工程で最初に流れ出す「一番搾り麦汁」と、その後に出る「二番搾り麦汁」の飲み比べや、顕微鏡で発酵に使う酵母の観察などを行う。黄金色のビールとなった商品を出荷する様子など、大人になってから飲めるビールができるまでを学ぶ。8月31日まで、小学生を対象に、見学で学んだことを記入できるイラスト入りの「ものづくり研究ノート」などを配布。

 2〜100人。約70分。月曜休館。茨城県取手市桑原188の1。(電)0297・72・8300

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報