東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北京でiPhone販売停止命令 アップル側、取り消し求め提訴

 【北京=平岩勇司】米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の「6」と「6プラス」が、中国メーカーの製品と外観が酷似し特許権を侵害しているとして、北京市知的財産局が市内での販売停止を命じていたことが十七日分かった。アップル側は販売停止の取り消しを求めて提訴しており、司法判断が決まるまで販売は継続できる。

 複数の中国メディアによると、中国メーカー(広東省深セン市)が「アイフォーンは自社製のスマホと酷似している」と訴え、知財局が五月十日に同社の訴えを認め、販売を停止する決定書を出していた。アップル側は「外観は似ておらず、特許権も侵害していない」とし、北京の裁判所に提訴している。

 裁判所はアップル側の訴状を受理しており、現時点では販売への影響はないという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報