東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

キアロスタミ監督死去 イラン映画の巨匠「桜桃の味」

写真

 【テヘラン=共同】イラン学生通信によると、イラン映画の巨匠として世界的に知られた映画監督アッバス・キアロスタミ氏が四日、パリ市内で死去した。七十六歳だった。腸の病気を患い、三月から首都テヘランの病院で治療し、最近パリに移り、治療を続けていた。

 一九四〇年、テヘラン生まれ。テヘラン大で学んだ後、七〇年代初めに監督としてデビューした。「友だちのうちはどこ?」(八七年)は日本でも人気を博した。

 プロの俳優ではない市井の人々を起用し、演技直前まで役者に脚本を渡さないなど独自の手法で自然な演出を追求。小津安二郎監督の影響も指摘され、詩情豊かな映像が世界中で高く評価された。

 「桜桃の味」(九七年)でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞。二〇一二年の日仏合作映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」は主役の日本人男性を公募し、横浜市や静岡市で撮影した。

 日本とイランの文化交流への貢献が評価され、一三年には旭日小綬章を受章した。 (写真はAP・共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by