東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

日韓、軍事情報協定を締結へ 協議再開 年内にも締結

 【ソウル=島崎諭生】韓国国防省は二十七日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結に向けた協議を再開すると発表した。早ければ年内にも締結することを目指すという。

 同協定は、秘密の軍事情報を国同士で共有する取り決めで、朝鮮半島有事の際のミサイル防衛(MD)などに有効とされる。二〇一二年六月に締結予定だったが、韓国世論が「密室で決めた」と反発し、直前になって韓国側が署名を延期した。

 日米韓は一四年に北朝鮮の核・ミサイルに関する防衛機密情報の共有に合意。日韓が米国を介して情報を交換していたが、範囲が限定され、時間がかかるなどの課題が指摘され、日本側が再三、GSOMIAの早期締結を要請していた。

 国防省の報道官は「北朝鮮の核・ミサイルの脅威が増大しており、既存の韓米日に加え、韓日でも情報協力を向上させる必要性が強まった」と説明した。韓国側が態度を変えた背景には、北朝鮮の脅威に対応する必要のほか、昨年末の慰安婦問題に関する日韓合意以来、関係が改善している事情もあるとみられる。

 国防省当局者は、協定を締結すれば日本の情報衛星やイージス艦、海上哨戒機などの情報を得られると指摘。今後、日本側と協議方法などを議論するという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by