東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「TRUMP」商標、昨年は却下 当選後 中国、一転「OK」

 【北京=秦淳哉】トランプ次期米大統領が中国で申請した「TRUMP(トランプ)」の商標登録が波紋を広げている。裁判所は申請を認めなかったが、大統領の当選後に一転して登録の見通しとなったためだ。「中国が配慮を見せた」との臆測も広がっている。

 中国のニュースサイト「財新網」によると、トランプ氏は二〇〇六年十二月に中国で不動産やホテルの名称に使用する「TRUMP」の商標登録を申請したが、直前に中国人が同じ商標を申請していたとして却下された。裁判所に提訴したものの、一五年五月に敗訴が確定した。

 しかし、トランプ氏が大統領選に当選した五日後の今月十三日、中国当局は「TRUMP」が商標登録の審査を通過したと発表。三カ月間の公告期間中に異議申し立てがなければ登録される見通しとなった。

 トランプ氏の代理弁護士は「法律手続きに沿ったものだ」と強調し、一部報道の中国政府による配慮との見方を否定した。

 北京青年報によると、トランプ氏は「特朗普(トランプ)」や「唐納徳(ドナルド)」、発音が似た「川普(チュアンプ)」など七十八件の商標を中国で取得している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by