東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国「加害の反省を」 「真珠湾訪問」を念頭に不満表明

 【北京=秦淳哉】安倍晋三首相の真珠湾訪問に関連し、中国外務省の華春瑩・副報道局長は二十八日の定例会見で「日本が中国やアジア隣国に発動したのは侵略戦争であり、真の和解は加害者による真剣で深い反省によって成り立つ」と述べ、真珠湾訪問には直接言及しなかったものの、不満を表明した。

 華副局長は二十七日にも「謝罪のない訪問でありパフォーマンス」と批判。「日本の指導者がどこに行って中国人同胞を弔うべきか既に提案した」として大勢の中国人が犠牲になった南京への訪問を改めて求めた上で、「真珠湾訪問で第二次大戦の完全な清算ができたと思うのは一方的願望だ」とくぎを刺していた。

 国営新華社通信は二十八日、「真珠湾の二人芝居」との論評を配信。「安倍(首相)は和解を求めると同時に日米同盟の強化を望んでいる」と指摘し、米国の力を借りて外交や軍事的野心を拡張する日本の意図が隠されていると主張した。

 また米国もアジア地域の同盟国として日本を必要としていると強調し、「歴史的和解ではなく、日本と米国が手を携えて二人芝居を演じている」と断じた。

 一方で中国は来秋、五年に一度の共産党大会を控え、対外関係の安定が重要な時期に入る。華副局長は「数多くのパフォーマンスより、一度の真剣な反省の方が未来には有益だ」とも発言し日本との関係悪化を望まない姿勢もにじませた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報