東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

オバマ大統領が最後の演説 「民主主義は重要」訴え

10日、米シカゴでの演説で涙を拭うオバマ米大統領=AP・共同

写真

 【ワシントン=石川智規】オバマ米大統領は十日夜(日本時間十一日午前)、地元の中西部イリノイ州シカゴで退任前の「お別れ演説」を行い「民主主義がしっかりと機能したときのみ多様性と開放性を持ち、私たちの国がより強くなれる」と訴え、人種の平等や民主主義の重要性を訴えた。

 退任を間近に控えた歴代大統領はホワイトハウスで演説を行ってきたが、地元での演説はオバマ氏が初。オバマ氏は妻のミシェルさんや娘に感謝の言葉を述べ、涙を拭った。

 オバマ氏は、二十代のころに地元シカゴ南部で市民活動を行い、人々とあらゆる変化を起こしたと振り返った。八年前に自身の選挙戦で訴えた「チェンジ(変化)」を踏まえ「普通の人たちが力を結束したときにチェンジは起こる」と強調。「皆さんがチェンジそのものだった。皆さんの希望が米国をより強くした」と、八年間の市民との連帯に謝意を述べた。

 さらに「大統領として最後のお願いは、自分自身を信じること。イエス・ウィー・キャン(私たちはできる)」と呼び掛けた。

 また、トランプ次期大統領が「米国第一」を掲げ、移民排斥などの差別的な主張を続けることに賛否が交錯し、社会の分断が続いている。オバマ氏は「互いに事実を認め合わない限り、民主主義は機能しない」と融和の必要性を説いた。

 さらに、トランプ氏が就任する二十日を控え「円滑に政権移行することを約束する」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by