東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「帝国の慰安婦」著者に無罪判決 韓国地裁

 【ソウル=上野実輝彦】韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗(セジョン)大学教授(59)が著書の研究書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された裁判で、ソウル東部地裁は二十五日、無罪(求刑懲役三年)を言い渡した。

 公判で検察側は、慰安婦と旧日本軍を「同志的な関係」と表現したり、慰安婦を「本質は売春だった」とした同書が、虚偽の記述で名誉を傷つけたと説明。被告側は、記述は著者の意見表明にすぎず、元慰安婦の名誉を傷つけていないと無罪を主張していた。

 地裁は、検察側が問題とした三十五カ所の記述のうち三十カ所が「意見の表明」と認定。残る五カ所は名誉を毀損する部分もあるとしつつ「慰安婦全体について記述したもので、特定の慰安婦の名誉を傷つけたとみるのは難しい」との見解を示した。その上で「学術表現は正しいものだけでなく、間違ったものも保護せねばならない」と表現の自由を強調した。

 同書を巡っては、元慰安婦らが二〇一四年六月に朴氏を告訴。地検は一五年十一月に在宅起訴していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報