東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮「新型エンジン実験成功」 長距離弾道弾の準備か

北朝鮮北西部東倉里の「西海衛星発射場」で行われた高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験の写真=北朝鮮の労働新聞が19日掲載した(共同)

写真

 【北京=城内康伸】朝鮮中央通信は十九日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が、新たに開発された高出力エンジンの地上燃焼実験を視察した、と報じた。同通信によると、北西部・平安北道東倉里(ピョンアンプクトトンチャンリ)のミサイル基地「西海(ソヘ)衛星発射場」で行われた実験は成功し、正恩氏は「大きな満足の意」を表したという。

 正恩氏は「この巨大な勝利がいかなる画期的な意義を持つのかを、全世界が間もなく目にするだろう」と強調。新型エンジンを使った、事実上の長距離弾道ミサイルが近く発射される可能性を示唆した。

 ティラーソン米国務長官が日中韓を歴訪中に行われた実験は、軍事力行使も選択肢の一つとして、北朝鮮政策の見直し作業を進めるトランプ米政権を強くけん制する動きでもある。

 実験の具体的な日時は伝えられていないが、正恩氏は「永遠に忘れることができない『三・一八革命』とでもいえる歴史的な日」と語っており、十八日に実施されたとみられる。

 今回の燃焼実験は、燃焼室の推進特性やタービンポンプ装置、制御系統などの構造的安定性、信頼性などの検証が目的。朝鮮中央通信は、全ての技術的指標を達成し、システムの信頼性が保証されたと伝えた。

 米ジョンズ・ホプキンズ大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は十七日、西海衛星発射場の人工衛星画像分析の結果として、ロケットエンジン試験の準備とみられる動きがある、と指摘していた。

実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(中)の写真=北朝鮮の労働新聞が19日掲載した(共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by