東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

フリン氏疑惑捜査 トランプ氏が終結要請か 解任の前FBI長官に

 【ワシントン=石川智規】米主要メディアは十六日、トランプ大統領が二月中旬、連邦捜査局(FBI)のコミー長官(当時)に対し、ロシアとの不透明な関係をめぐって辞任したフリン前大統領補佐官への捜査を終結させるよう求めていたと報じた。大統領が捜査機関に圧力をかけた司法妨害の可能性があり、厳しい批判を招くのは必至だ。 

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は、コミー氏がトランプ氏との会談後に作成したメモを入手。このメモによると、トランプ氏は「私はあなたが(捜査を)そのままにしてくれることを望む」と語り、捜査を終わらせるよう要請していたという。報道が事実なら、トランプ氏の大統領としての資質も改めて問われることになる。

 トランプ氏はフリン氏が辞任した翌日の二月十四日、ホワイトハウスでコミー氏と会談、「彼(フリン氏)はいいやつだ」などと述べた。コミー氏も「私もいいやつと思う」と語ったが、捜査については何も返答しなかった。コミー氏は会談直後、大統領には捜査介入の意図があると考えてメモを残し、FBI幹部らに見せていた。

 この報道に関し、ホワイトハウスは「大統領はコミー氏に対して捜査終結を依頼したことは一切ない」と否定。「この会話は、トランプ氏とコミー氏の間で交わされた正しい記録ではない」とも指摘した。

 FBIは、昨年の大統領選でロシア側がサイバー攻撃などを行ったとして捜査を開始。トランプ氏陣営とロシアとの共謀疑惑なども捜査している。トランプ氏は今月九日、コミー氏を突然解任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報