東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮、ロシアへ新航路 制裁強まる中、初入港

18日、ロシア極東ウラジオストク港に到着した北朝鮮の貨客船「万景峰」=共同

写真

 【ウラジオストク=共同】ロシアと北朝鮮を結ぶ初の定期船航路の第一便として北朝鮮北東部の経済特区、羅先の羅津港を出発した同国の貨客船「万景峰」が十八日朝、ロシア極東ウラジオストク港に到着した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮への国際的な圧力が強まる中での航路開設は制裁網の抜け穴になりかねず、日本などの反発は避けられない。

 経済制裁の一環で北朝鮮船舶の入港を禁じている日本の岸田文雄外相は、ロシアに不快感を表明していた。

 万景峰は十人程度の乗客を乗せ、十七日午後に羅津港を出発。ウラジオストクの運航会社「インベスト・ストロイ・トレスト」のフメリ副社長は「ビジネス目的で、政治的背景は一切ない。定期航路がロシアと北朝鮮の双方の経済に良い影響を与えることを期待している」と話している。

 ウラジオストク港では十八日早朝から岸壁付近の立ち入りが禁止され、警察官が報道陣に写真撮影しないよう求めるなど厳戒態勢が敷かれた。午前八時(日本時間同七時)ごろ、北朝鮮国旗がはためく万景峰が入港すると、現地の北朝鮮総領事館員が直立して見守った。

 同社によると、今後、一週間ごとに往復便を運航。ロシアからは人道支援物資、北朝鮮からは家具や魚介類などを輸出する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by