東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

習氏、韓国と関係改善意欲 文大統領と対北連携期待

 【北京=平岩勇司】中国の習近平国家主席は十九日、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の特使として北京を訪れた李海〓(イヘチャン)元首相と会談し「中韓関係を早期に正常軌道に戻したい」と表明した。中国は在韓米軍への地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備で韓国と対立しているが、北朝鮮に融和姿勢を見せる文政権誕生を機に関係の再構築を図る狙いだ。

 新華社通信によると、習氏は会談でTHAAD配備を念頭に「中韓関係は重大な段階。相違点を適切に処理したい」と関係改善に意欲を示した。李氏は文氏の親書を渡し「中国の懸念を理解している。関係発展を阻害する問題の解決を検討したい」と応じた。

 北朝鮮問題をめぐって中国は、体制崩壊につながるような圧力は避け、北朝鮮を交渉の場に引き出すのが本来の方針だ。「制裁と交渉を並行させる」と主張する文氏は、うってつけのパートナーとなる。

 THAAD配備決定後、中国は国内で韓国ロッテグループの営業を妨害。韓流スターを締め出し、韓国への旅行制限などの「報復」を続ける。対立する国家には経済的圧力を加え、相手国が譲歩すると即座に経済関係を強化するのが中国の常とう手段。文政権にも「報復」を解除するとちらつかせ、関係修復を図るとみられる。

※〓は、王へんに先先の下に貝

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報