東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

仏総選挙でマクロン派が圧勝 投票率は最低水準

 【パリ=渡辺泰之】フランス国民議会(下院、定数五七七)総選挙の決選投票が十八日、即日開票され、内務省の暫定最終結果によると、マクロン大統領率いる中道新党「共和国前進」と連携する中道政党をあわせ、マクロン派が三百五十議席を確保し、圧勝した。国会に足場がなかったマクロン氏は政権基盤を盤石にし、仏政界の構図は一変する。

 最大野党・共和党など中道右派は百三十七議席、与党・社会党などの中道左派は四十四議席と議席を大幅に減らした。急進左派の新党「不服従のフランス」は十七議席と躍進し、共産党は十議席。極右・国民戦線は、ルペン党首らが当選し、現有二議席から八議席へと伸ばした。

 ただ投票率は約43%と過去最低のレベルとなった。

 フィリップ首相は「有権者は大統領と政府に、はっきりと過半数を与えた。フランス人は希望を選んだ」と強調した。

 総選挙で共和国前進は中道政党とあわせて計五百二十九人を擁立。政治家経験のない約半数の「市民候補」や数多くの女性候補を起用して既存政治の刷新を訴え、既存政党に不満を持ち、変革を望む有権者層らから幅広い支持を得た。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by