東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ロンドンのモスク近くを車暴走 1人死亡10人負傷

写真

 【ロンドン=小嶋麻友美】ロンドン警視庁によると、十九日午前零時二十分ごろ、ロンドン北部フィンズベリー・パーク駅近くで車が歩道に突っ込み、男性一人が死亡、十人が負傷した。警察は運転していた男(48)を拘束。警察の対テロ部門が捜査している。

 英国ムスリム評議会によると、現場はフィンズベリー・パーク・モスク(イスラム教礼拝所)の近く。同評議会はツイッターで「礼拝に来た人々がモスクを出た際に、ワゴン車にはねられた」とした。

 現場の向かいに住む女性は、英BBC放送に「多くの叫び声が聞こえ、外に出ると白いワゴン車がモスクの前に止まっていた。礼拝が終わって外に出てきた人たちがたくさんいた」と話した。現場周辺は移民が多く住んでおり、モスクも多数ある。

 メイ首相は「恐ろしい事件だ。負傷した人とその家族、現場の救急関係者のことをただ思っている」と声明を発表。現場が選挙区である最大野党・労働党のコービン党首はツイッターで「完全にショックを受けている」とした。

 ロンドンでは三月、議会議事堂近くで、男が車で歩道を暴走し、ナイフで警察官を切りつけて計五人が死亡。今月三日にも、ロンドン橋近くでワゴン車が歩行者をはね、八人が死亡しており、車両を使ったテロ事件が相次いだ。五月には中部マンチェスターの自爆テロで二十二人が死亡し、いずれの事件も、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by