東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米、中国の銀行に制裁 「北朝鮮の資金洗浄関与」

 【ワシントン=石川智規】米財務省は二十九日、北朝鮮が進める核・ミサイル開発の資金調達のためのマネーロンダリング(資金洗浄)に関わったとして、中国の「丹東銀行」に独自の経済制裁を行うと発表した。海運業者と中国人の個人二人について、北朝鮮との取引に関わったとして制裁対象に加えた。トランプ政権が北朝鮮問題に関し、中国の銀行や企業を制裁対象にしたのは初めて。

 今回の独自制裁で中国への圧力を強め、北朝鮮問題へのさらなる取り組みを引き出す狙いがありそうだ。

 ムニューシン財務長官はホワイトハウスで会見し、丹東銀行が「米国の銀行と北朝鮮を結ぶ役割を果たしている」と指摘。丹東銀行と米金融機関との取引を禁じることで、「北朝鮮の資金源を断つ」と説明した。

 また、国連安全保障理事会が禁じたぜいたく品の密輸に関与したとされる海運業者と、北朝鮮と不正な金融取引を行ったとされる個人二人も、それぞれ米国内の資産を凍結する。

 今回の制裁について、ムニューシン氏は「中国を狙い撃ちにしたものではない。今後も協力を重ねる」と説明したが、北朝鮮に関連して中国企業などの違法行動が確認されればさらなる制裁も辞さない構え。

 トランプ氏は大統領就任後、北朝鮮に影響力の強い中国の協力を見込み融和路線を取ってきた。しかし、北朝鮮はミサイル発射実験を続行。トランプ氏は中国の取り組みが「効果を上げていない」と不満を漏らしており、米国の対中政策が注目されていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by