東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

劉暁波氏を火葬 当局、遺骨扱い「遺族を尊重」

15日、中国遼寧省瀋陽市で行われた劉暁波氏の告別式で遺影を手にする妻の劉霞さん=共同

写真

 【瀋陽=浅井正智】中国の民主活動家で、十三日に死亡した劉暁波氏について、遼寧省瀋陽市の当局者は十五日、市内のホテルで記者会見し、同日早朝に市内の葬儀場で葬儀を営んだ後、火葬したことを明らかにした。

 葬儀には妻の劉霞さんや兄弟らが参列し、午前六時半(日本時間同七時半)から営まれた。当局者は、火葬にしたことは「家族の希望だ」と述べた。

 劉氏の遺体の扱いを巡っては、香港メディアは十四日、遺族が冷凍保存を要望しているのに対し、中国当局は速やかに火葬するとともに、海に散骨することに同意するよう要求したと報道。会見で、市当局は遺骨の扱いについて「家族の意向を尊重する」とした。

 「葬儀と火葬を急いだのか」との質問も出たが、当局者は「死去の三日目に葬儀を行うのは、この地域の習慣だ」と述べ、処理を急いだわけではないとの立場を強調した。

 当局者は劉霞さんの出国について「合法的な権利がある」と述べたが、許可されるかは不明だ。

 【北京=共同】劉暁波氏の義兄、劉〓氏は十五日、共同通信の電話取材に応じ、当局によって告別式への参加を阻止され「非常に憤怒を覚える」と述べ、当局を厳しく非難した。

 ※〓は丹に彡

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by