東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

英「手切れ金400億ユーロ支払う用意」 離脱交渉、歩み寄りか

 【ロンドン=阿部伸哉】英国の欧州連合(EU)離脱交渉で懸案になっている未払いの分担金など、いわゆる「手切れ金」問題で、英紙テレグラフは六日、英政府が四百億ユーロ(約五兆二千億円)を支払う用意があると伝えた。手詰まり状態の打開に向け、英側が支払い意思を明確にさせて歩み寄る可能性が出てきた。

 同紙が複数の英政府交渉筋の話として伝えた。二〇一九年三月に英国が離脱した後も、三年程度は分担金支払いに応じる計算になる。EU側の要求額はこれまでの報道で「最大一千億ユーロ」とされてきたが、実際に英側に提示されたのは六百億ユーロという。まだ開きはあるが「五百億ユーロが落としどころ」の線が見えてきているという。

 「手切れ金」問題でEUは、既に英国が約束した向こう数年分の分担金や職員年金などの精算を求めている。交渉序盤の最大の難関で、七月の第二回協議ではEUのバルニエ首席交渉官が「英側が支払いに応じなければ前進はない」と明言。八月以降の協議に応じない可能性もちらつかせた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by