東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「集団的自衛権で迎撃可能」 北ミサイル防衛相認識

グアム周辺4発計画受け

 【北京=城内康伸】北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍の金洛兼(キムラクキョム)司令官は九日、米領グアム島周辺に向け、中距離弾道ミサイル「火星12」を同時に四発発射する計画を慎重に検討している、と明らかにした。ミサイルは「日本の島根、広島、高知の各県上空を通過することになる」と述べた。朝鮮中央通信が十日に伝えた。小野寺五典防衛相は十日、北朝鮮が発射した場合には集団的自衛権を行使し、迎撃することは法律上、可能との認識を示した。

 北朝鮮は、具体的な作戦計画を明らかにすることで、圧力を強める米国や日本を強くけん制した形だ。日本列島上空を通過する計画が遂行されれば、日本の安全保障が深刻に脅かされることになる。

 金司令官は、ミサイル部隊を指揮する戦略軍が「八月中旬までに、グアム島包囲射撃計画を最終確定させて、核武力の総司令官である金正恩(キムジョンウン)同志(朝鮮労働党委員長)に報告、発射命令を待つ」と表明した。

 発射する火星12は「射程三三五六・七キロを千六十五秒間(十七分四十五秒)飛行し、グアム島周辺三十〜四十キロの海上水域に着弾する」と説明。グアムにある米軍基地を直接の攻撃対象にしておらず、「米国に厳重な警告信号を送るため」とした。

 トランプ米大統領が八日に「見たこともない炎と怒りを受けることになる」と北朝鮮に警告したことについて、「情勢の方向を見極めることができずに、ぼけた考えを並べ立て、わが国の砲兵の神経を鋭く刺激している」と批判した。

 北朝鮮の戦略軍報道官は八日付の声明で、今回のグアム周辺への弾道ミサイル発射準備を明らかにしていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報