東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

トランプ氏、北へ警告やまず 「グアムに何かすれば彼は後悔」

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は十一日、静養先の東部ニュージャージー州で記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に関し「もしグアムや米国の領土、同盟国に何かすれば、彼は直ちに後悔することになる」と強調。軍事的報復も辞さない考えを改めて示した。

 トランプ氏はこの日朝、ツイッターで「軍事的解決の準備は万全だ。臨戦態勢にある」と指摘。真意を問われると「そのこと(軍事的解決)を慎重に検討している。私の言葉はそのままの意味だ」と述べた。「(北朝鮮が)私の言葉の重みを十分に理解することを望む。理解するのは非常に簡単だ」とした。

 言葉の応酬が激しさを増している点を「米国には私の発言に喜んでいる人が何千万人もいる」と正当化した。

 トランプ氏はティラーソン国務長官やヘイリー国連大使らと北朝鮮問題を協議し、終了後にそろって記者団の前に登場。ティラーソン氏は「大統領は外交的解決を好んでいるのは明白だ」と述べた。

 北朝鮮への経済制裁の可能性を問われ、トランプ氏は「非常に高いレベルの追加制裁を考えている」と指摘。さらに、十一日夜にも中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席と電話協議する意向を示した。

 一方、AP通信は十一日、米政府関係者の話として、国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が、北朝鮮の国連代表部高官と非公式に対話を続けていると報じた。オバマ政権の後半に両者の折衝が途絶えたが、トランプ政権発足後に復活したという。

 トランプ氏はこの日、米朝の非公式な対話ルートについて「何が進行しているかは答えたくない」と明言を避けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報