東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮北東部で揺れ 爆発でなく自然地震か

写真

 【北京=安藤淳、ソウル=境田未緒】中国地震局は、北朝鮮の核実験場がある北東部の咸鏡北道豊渓里(ハムギョンプクドプンゲリ)の近くで、日本時間二十三日午後五時二十九分ごろ、マグニチュード(M)3・4の揺れを観測した。当初、爆発の疑いがあるとし核実験の可能性も指摘されて緊迫したが、その後、自然地震との見方を示した。

 米地質調査所によると、今回の地震はM3・5で震源の深さは五キロ。中国地震局は当初、震源の深さが〇キロと浅く、爆発の疑いがあると指摘していた。

 韓国気象庁の当局者は、人工地震の特徴である音波が発生していないことなどから、自然地震とみて分析を急いでいる。

 同庁によると、震源は六回目の核実験が行われた豊渓里の施設から北北西に約六キロ。地震の規模が大きくなく観測網から遠いため、震源の深さは分析が必要だという。当局者は「自然地震の特性を備えた地震波が観測された」と説明した。

 韓国メディアは二十三日の揺れが、核実験場の坑道の崩落によるものとの見方も出ていると伝えた。

 また包括的核実験禁止条約(CTBT)機構準備委員会のゼルボ事務局長はツイッターで、「人工的なものではなさそう」と指摘。北朝鮮による六回目の核実験強行直後に地盤崩落による揺れが観測されており、今回の揺れが「似ている」との見方を示した。

 準備委員会によると、震源は六回目の核実験が行われた場所から約五〇キロ離れており、「分析は継続中」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報