東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米厚生長官が辞任 政権閣僚 不祥事で初

プライス米厚生長官=ゲッティ・共同

写真

 【ワシントン=後藤孝好】米ホワイトハウスは二十九日、出張での高額なプライベートチャーター機利用を問題視されていたプライス厚生長官が辞任したと発表した。トランプ大統領は税金の無駄遣いとして不快感を示しており、事実上の更迭とみられる。トランプ政権で不祥事によって閣僚が辞任するのは初めて。

 辞任に先立ち、トランプ氏は二十九日、ホワイトハウスで記者団に「良くないことだ。プライス氏には失望した」と批判していた。

 米メディアによると、プライス氏は五月以降、できる限り一般の民間航空機を使うように求める連邦政府の内規に反して、国内出張に高額なチャーター機を少なくとも二十六回利用。四十万ドル(約四千五百万円)の公費を使っていたことが明らかになった。さらに、出張のついでに夫妻でリゾート地を訪れていたことも発覚した。

 プライス氏は二十八日に謝罪して、費用の一部として約五万二千ドルを弁済する考えを表明した。しかし、国外出張の際には軍用機を使って五十万ドル以上もかけていたことも判明して批判が止まらず、辞任に追い込まれた。

 プライス氏は医療保険制度改革(オバマケア)見直しの実現を期待されたが、法案は共和党から反対が出て採決断念に追い込まれた。トランプ氏は七月の演説で「オバマケア改廃ができなければ、厚生長官はクビだ」と指摘していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報