東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米中、対北で協調確認 国務長官と習氏 大統領訪中へ準備

30日、北京の人民大会堂で会談するティラーソン米国務長官(左)と中国の習近平国家主席=AP・共同

写真

 【北京=安藤淳】中国国営新華社通信によると、習近平(しゅうきんぺい)国家主席は九月三十日、訪中したティラーソン米国務長官と北京で会談し「両国は重大な国際的かつ地域の問題で協調を強め、立場が異なった敏感な問題を対話と協議で処理する必要がある」と述べた。北朝鮮の核・ミサイル問題を巡る発言は明らかでないが、核開発阻止や国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の着実な履行などについて協議したとみられる。

 習氏は「私はトランプ大統領との良好な関係を続けている」とした上で「トランプ氏の十一月の公式訪問を重視している」と語り、首脳会談の準備の加速を指示。北朝鮮問題に加え、南シナ海問題や経済・貿易など両国間に横たわる諸問題の解決へ意欲を示した。

 これに対し、ティラーソン氏は「米国は中国との関係を重視している。国際的かつ地域が直面する課題に対し協力が必要だ」と強調した。米政府は、北朝鮮への石油の全面禁輸など、さらなる圧力強化で中国と連携を図りたい考えだ。

 ただ、緊張が高まる米朝関係を憂慮する中国は、北朝鮮の暴発につながりかねない石油全面禁輸には消極的で、平和的解決に向けた米朝対話への取り組みをティラーソン氏に改めて要請したとみられる。

 ティラーソン氏の訪中は三月に次いで二回目。中国外交トップの楊潔〓(ようけつち)国務委員や王毅(おうき)外相とも会談した。

※〓は竹かんむりに、厂(がんだれ)、下に虎

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報