東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国 七中全会が開幕 党大会に向け最終調整

 【北京=秦淳哉】中国共産党の第十八期中央委員会第七回全体会議(七中全会)が十一日、北京で開幕した。十八日から始まる第十九回党大会を前に、習近平(しゅうきんぺい)総書記(国家主席)が行う政治報告の内容などを協議する。党内では最高指導部(現在は七人)の人事をめぐる最終的な調整が続き、習氏は主導権を発揮し、二期目の政権を発足させる構えだ。七中全会の期間は四日間程度。習氏の指導理念を党規約に盛り込むことも検討される。最終日にコミュニケが発表される。

 二期目の最高指導部人事では、習氏と李克強(りこくきょう)首相を除く五人は退任する見通しだ。新たな最高指導部は、党大会直後に開かれる第十九期中央委第一回全体会議(一中全会)で正式に選出される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報