東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

山火事で17人死亡 カリフォルニア 200人連絡取れず

10日、米カリフォルニア州の山火事で消火活動に当たる消防士=AP・共同

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】米西部カリフォルニア州の北部で山火事が相次ぎ、AP通信などによると、十日までに少なくとも十七人が死亡し、住宅や商店など二千棟以上が焼失した。火事は七つの郡の十七カ所に広がり、ソノマ郡だけで二百人近くと連絡が取れなくなっているほか、二万人以上が避難した。APは州史上最大級の被害がさらに広がるという当局者の見方を伝えている。

 米CNNテレビなどによると、ブラウン州知事は一部地域で非常事態を宣言し、連邦政府に支援を要請。トランプ米大統領は十日、全面的な支援を表明した。

 火事は八日夜に発生した。ワイン醸造所など日本でも有名な多くの観光名所を擁するナパ郡やソノマ郡を中心に拡大した。一帯はワイン産地として知られ、複数の醸造所も被害を受けたという。火災は乾燥と強風によって燃え広がり、送電施設や携帯電話の電波基地の焼損で、通信障害も発生している。

 煙はナパ郡から約百キロ南に離れたサンフランシスコまで広がっている。太平洋沿岸に近い州南部アナハイムのディズニーランドから数十キロ離れた地域でも山火事が発生。ディズニーランド上空は「かすんだオレンジ色」に染まったという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報