東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

世界最大級 豪のソーラーカーレース 東海大4位、雪辱果たせず

12日、豪アデレードで、「ワールド・ソーラー・チャレンジ」4位の東海大チーム=共同

写真

 【アデレード=共同】オーストラリア北部ダーウィンを八日にスタート、大陸を約三千キロ縦断する世界最大級のソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」は十二日、オランダのチームがトップで南部アデレードにゴールした。三大会ぶりの優勝を狙った東海大(神奈川県)チームは四位で雪辱を果たせなかった。

 レースは隔年で開催され、今回は十九の国・地域から三十八チームが参加。太陽光エネルギーを動力源とした車で日中のみ砂漠地帯などの公道を走り、夜は各チームがキャンプを張った。オランダチームは三大会連続の優勝。

 日本からは他に、工学院大(東京都)、名古屋工業大(名古屋市)、呉港(ごこう)高校(広島県)のチームが、東海大チームと同様、一人乗りでタイムを競う「チャレンジャークラス」に参加している。

 チャレンジャークラスは、制限時間内にチェックポイントに到着できず失格になるケースが相次いでいるが、日本チームは十二日現在、いずれも残っている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報