東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米大統領選干渉疑惑 ロシアポケGO悪用か 人種問題巡る分断あおる?

 【ニューヨーク=共同】米CNNテレビは十二日、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑で、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」も、米国の人種問題を巡る分断をあおるために悪用された可能性があると報じた。

 これまでにロシア側が、グーグルの検索サービス、動画投稿サイト「ユーチューブ」、交流サイトのフェイスブックなどに政治目的の広告を出していたことが判明。世界的に人気を集めたゲームも利用されていたことになる。

 ロシア政府と関係がある企業が開設したサイトが昨年七月、ポケモンGOを使ったコンテストへの参加を募集。ポケモンを実際にある場所に配置された「ジム」で対戦させ、勝てば自分のポケモンを置ける仕組みを悪用。二〇一四年にニューヨークの白人警察官に首を絞められた後に死亡した黒人男性の名前をポケモンに付けるよう誘導していた。

 このコンテストへの参加者が実際にいたかどうかなどは不明。ポケモンGOを運営する米ナイアンティックはCNNの取材に「われわれのゲームが悪用されたのは明確な事実だ。ただ、ポケモンGOは利用者同士で情報を共有することはできない」と答えた。

 黒人男性の名前が拡散された可能性は低いとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報