東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国共産党大会 新常務委員7人固まる 香港紙習氏 後継候補入らず

写真

 【北京=秦淳哉】中国共産党の第十九回党大会は二十四日、党指導部を構成する中央委員(約二百人)らを選び、習近平(しゅうきんぺい)総書記(64)=国家主席=の指導理念を書き込む党規約改正を採択して閉幕する。指導理念は習氏の名前を冠した形で、党の行動指針に位置付けられる見通し。また、香港メディアは二十五日に選出される新たな最高指導部の政治局常務委員の人事が固まったと報じた。

 注目される最高指導部の人事では、現在七人の常務委員のうち、習氏と李克強(りこくきょう)首相(62)を除く五人が退任する予定。「反腐敗」運動を主導し、習氏の盟友とされる王岐山(おうきざん)・党中央規律検査委員会書記(69)は「六十八歳定年制」の慣例を破って留任するとの観測もあったが、最終的に退任との見方が強い。

 香港紙「明報」などによると新たに最高指導部入りが有力になったのは王滬寧(おうこねい)・中央政策研究室主任(62)と趙楽際(ちょうらくさい)・中央組織部長(60)の二人。一方、次世代のリーダーで「ポスト習」の候補とされてきた胡春華(こしゅんか)・広東省党委書記(54)と、習氏の浙江省時代の部下で「二段階特進」での常務委員入りもささやかれていた陳敏爾(ちんびんじ)・重慶市党委書記(57)の二人は、常務委員に入らない公算が大きくなっている。

 習氏は十八日の活動報告で「新時代の中国の特色ある社会主義」を「偉大な行動指針とし、長期にわたって堅持・発展させなければならない」と主張。「毛沢東(もうたくとう)思想」「〓小平(とうしょうへい)理論」と並列する形で党規約に盛り込まれるのが確実とみられ、過去の指導者の毛、〓両氏と並ぶ権威の確立に意欲を見せている。

 新たに選出される中央委員は、二十五日に開く第十九期中央委員会第一回全体会議(一中全会)で政治局員を選出し、この中から新しい最高指導部に当たる常務委員が選ばれる。

 ※〓は登におおざと

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報