東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ロシアや日本などに大規模サイバー攻撃 身代金ウイルス感染

 【ワシントン=共同】ロイター通信などは二十四日、大規模なサイバー攻撃が同日、ロシアや欧州、日本で確認されたと報じた。ロシアのインタファクス通信で一時的にシステムが停止したほか、ウクライナのオデッサ国際空港では航空便に遅延が生じた。

 一連の攻撃で使われたのは「バッドラビット(悪いうさぎ)」と名付けられたウイルスで、データを暗号化して読めなくし、復旧と引き換えに金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」。被害者は、仮想通貨ビットコインで約二百七十五ドル相当(約三万円)を支払うよう指示されたという。

 被害の大半はロシアに集中、ウクライナのほかブルガリア、トルコ、ドイツにも被害が広がった。日本での詳しい被害は不明。

 米国土安全保障省は二十四日、“身代金”を支払わないよう警告を出した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、米国でも被害が発生しているもよう。

 今年五月にはランサムウエアによる攻撃により、世界で約三十万件の被害が出た。専門家は「バッドラビット」について、過去のサイバー攻撃で使われたウイルスとの類似点を指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報